ピアニスト、植村美有のブログ

最近のハマりもの☆作家エイミーベンダー。独特の色合いが素敵。溢れる、何もない、そういう悲しみ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
燃えるスカートの少女
評価:
エイミー ベンダー
角川書店
¥ 580
(2007-12)
コメント:静かで激しい水槽の中のような。

 寂しい、と
とても可愛く泣く女性を 私は知っていますが、
私はとてもそんな風には泣けなくて
寂しいと伝えることもできなくて やっと伝えられる頃には
気持ちが壁を越えて 波を作って 嵐のように 難破する船のように
その人をガラス瓶の中に閉じ込めてしまいたいと、怖がらせてしまったりして。

涙を水槽の中にためて、その中に横たわりながら
夢の中で大事な人が 忍び込んでスカートの端を切ってくれるのを
目を閉じながら待っている。

エイミー・ベンダーには、個人的な親近感を抱いています。
とても大切な小説。

本のレビュー comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>