ピアニスト、植村美有のブログ

最近のハマりもの☆作家エイミーベンダー。独特の色合いが素敵。溢れる、何もない、そういう悲しみ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ぽの、優しさ。
Image482.jpg
ぽ、は優しい。


優しいうさぎ、ってなんだかすごい。



人同士だって、優しくしあうの難しいのに

ぽは、優しいから

もっと愛したい。もっと、ずっと、一緒にいてね。
- comments(0) trackbacks(0)

少しだけの春が、霧のような雨にまじって降ってくる。


上野公園の桜はしっとりと濡れて、
若いお嫁さんのように真っ白な頬をしていました。






先日のお休みは、お弁当を作って、車を飛ばして、葛西臨海公園へ。
この日は天気がよくて、ぽぅも嬉しそう。






はる。

春のわくわくを、こぼれそうな景色より。

- comments(0) trackbacks(0)
記憶とか、季節とか、音とか。
 あの頃好きだったもの。



ととろ、にでてくるお父さんの机の上の本が 風でさらさらと捲れるところ

聖書の、特別に好きで丸暗記してしまった一節

さらさらの新しいノート


暑い夏の、図書館との往復の道




あの頃好きだったもの 今も変わらないもの。

そして、忘れていってしまうもの。




忘れないように、ピンで留めて 書き留めて おく。






- comments(0) trackbacks(0)
 今、私がいるのは
エイミー・ベンダー的、底。


海底、のような。 成分は涙で、 それはそれは 塩からい。



どうして泡を体から噴き出して
上がってこいと 言うけれども

ここが心地よくて
息ができなくても とても気持ちよい ここちよい。



同じ底に誰かがいると やはり安心するのだ
一人でいられない 中途半端な一人上手。

それが、会ったこともない 会うこともない エイミー・ベンダー。

一人で落ちて行くよりも 一緒に 底へと沈んでいく相手は
会ったことのない人のほうが いい。
- comments(0) trackbacks(0)
アーティスト写真


 私たち音楽家にとって
プログラムに載せる写真は必需品。

ということでいいスタジオを探していたのですが、
昨日お世話になったSTUDIO KUMUは、とっても満足の仕上がりでした☆

メイクも写真も、感性だな・・と思いました。
楽しんでお仕事をされている感じがして、私も撮影を楽しめました。

音楽も写真も詩も、アートは造り手のイメージから。。
それを現実に造りだすことのできる我々の仕事は幸せだな、と思ったり。


- comments(31) trackbacks(0)
<< | 2/33 | >>